骨造成 再生 インプラント治療

初めての方でもお気軽にお問い合わせ・ご相談下さい
初診・急患 随時受付 健康保険各種取扱 042-752-6677
平日 9-13時 / 14-17時 休診:土・日・祝
駐車場完備 アクセス

  1. TOPページ
  2. インプラント
  3. 骨造成・再生
骨造成・再生

骨が足りない・薄いと言われた方でも

骨造成

当院では患者さんに対して最新・最善の治療を提供できるよう、日々、研究会などにも積極的に参加し、技術の向上に努めておりますが、その中でも骨造成・再生治療によるインプラント治療にも対応しております。骨が薄い・足りないと他院で断られた方でもまずはご相談ください。

PRPやCGFなどの血液由来の成長因子を用いた再生治療

CGF
▲Concentrated Growth Factor (CGF)
血小板濃縮フィブリン
▲生成された血小板濃縮フィブリン
PRP
▲PRP生成の遠心分離機

当医院では、遠心分離機を使用して患様ご自身の血液からPRPを精製し、インプラント治療に活用しております。PRPとはPlatelet Rich Plasma(多血小板血漿)の略語で、採取した血液の中から濃縮した血小板を取り出した血漿のことです。インプラント治療にPRPを用いるメリットは…

CGF
▲実際の活用の様子

・・・などです。

次に当院で対応している主な骨造成のテクニックについてご紹介いたします。

GBR(骨再生誘導法)

歯を失ってから時間が経過していると、周囲の歯槽骨が吸収されていきます。GBR(骨再生誘導法)は歯槽骨の骨幅が不足している部分に、粉砕した自家骨もしくは骨補填材を置き、その上に人工膜を置き、骨の再生を促進する治療法です。

GBRGBRGBR

GBRGBRGBR

サイナスフロアーエレベーション(上顎洞底挙上術)

上顎の骨の上には上顎洞(じょうがくどう)と呼ばれる大きな空洞があります。上の奥歯が無い場合、歯がなくなることによる「歯槽骨の吸収」という現象がおき、時間とともにこの空洞が拡大し、インプラントを埋入するのに十分な量の骨が無くなってしまいます。そこでこの上顎洞に移植骨や骨補填材を充填して、上顎洞の底部分を押し上げ、骨が出来上がるのをまってからインプラントを埋入します。以前はサイナスリフトと言われた術式です。

サイナスリフトサイナスリフトサイナスリフトサイナスリフト

当院での治療例

オステオトームテクニック(上顎洞底挙上術)

オステオトームテクニックは、特殊な器具を使って上顎洞底部を押し上げ、押し上げた部分に骨補填材を填入し、歯槽骨の高さを確保します。サイナスフロアーエレベーションが上顎洞までの骨の厚みが1~7㎜の場合に行うのに対して、オステオトームテクニックは8~10㎜の場合に対して行います。インプラントを埋入する部分(歯槽頂)から押し上げるので、傷口が小さくて済むというメリットもあります。

サイナスリフトサイナスリフトサイナスリフトサイナスリフト

ソケットプリザベーション(歯槽提保存術)

ソケットプリザベーションとは、骨の吸収を防止するために、抜歯の時点で人工骨などを「穴」に入れて骨を再生させる方法です。抜歯すると、歯があった場所に「穴」があきます。この「穴」を抜歯窩(読み:バッシカ)と言います。抜歯窩は、時間とともに周りの骨の吸収が進み、痩せて薄くなってしまいます。そうなってしまうと、インプラントを埋め込むことが難しくなるため、骨再生治療を行います。骨が痩せて薄くなる前に処置をしておく方が負担が少なくてすみます。

サイナスリフトサイナスリフトサイナスリフトサイナスリフト

あくまでも低侵襲を考えております

副院長

副院長より一言

このように樋口歯科医院ではさまざまな骨造成治療に対応しておりますが、患者さんのお体のことを考慮し、事前に術前診査・診断をしっかり行ってから、骨造成治療を行っております。

骨造成を行えば、少なからず侵襲とインプラントを埋入するまでに期間を必要としますので、慎重な治療判断が必要となります。

地図・アクセス

JR横浜線「相模原駅」
バス停「市民会館前」下車 徒歩2分

初めての方でもお気軽にお問合せ・ご相談下さい
042-752-6677
平日 9~13時 / 14~17時 休診:土・日・祝
駐車場完備 アクセス

〒252-0239 神奈川県相模原市中央区中央3-10-15
(ローソン隣り)
JR横浜線 相模原駅下車 バス10分
市民会館前下車 徒歩2分

診療時間

治療内容から探す

各種クレジットカード使用可

ブログ

QRコード

バーコードで携帯サイトを表示できます

関連学会

IPOI

ICOI

日本口腔インプラント学会

ページの先頭へ