セラミックインレー

奥歯の銀歯が気になるので白くしたい、詰め物が取れた…等、審美的なご要望にお応えできる治療方法がセラミックインレーです。

保険用の詰め物(レジン)は、色調が自由で審美性にすぐれている反面、色が時間と共に変色したり、磨耗が激しかったりするという欠点があります。その点セラミックインレーは、色が変わりづらく、すり減りづらい長所を持ち、かつ色調も自由に選べますので審美的にも優れている素材です。

セラミックインレー

ハイブリッドインレー

ポーセレンインレーとも呼ばれ、金属を使用せず陶器により歯の形に作り上げた詰め物です。陶器のため、年数がたっても水分などを吸収せず変色にも強いため、きれいな状態を持続することができます。

セラミックインレーの特徴

  • 透明感が高いため、セット後は装着する歯(支台歯)の色を反映し、より自然な色を再現できる
  • 唾液の吸収がないため口臭の心配がない
  • 変色の心配がない
  • 天然歯と見分けがつかない
  • 金属のインレーに比べると耐久性はやや劣る場合がある
  • 素材は強固だが粘り強さがないため、セット中や咬合調整中に欠ける事がある(セメント固定後の強度は高い)。

セレック3(CEREC 3)で作製するインレー

セレック

セレックは、セラミックの詰め物やかぶせ物を院内で作製できるマシンです。今まで歯科技工所に依頼して型とりからセットまで1~2週間のお時間を頂いていた工程が、短時間での作製が可能となります。

詳しくは以下のページをご覧ください。

⇒セレック(CEREC)について

セラミックインレーについては、ご不明な点など、どのようなことでもかまいませんから、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

042-752-6677平日 9-13時 / 14-18時(最終受付17時まで)
休診:土日祝
access map

〒252-0239
神奈川県相模原市中央区中央3-10-15(ローソン100隣り)

JR横浜線 相模原駅下車 バス10分 市民会館前下車 徒歩2分
駐車場13台分完備

樋口歯科医院