歯周病(歯槽膿漏)治療・予防

歯周病は歯を支えている歯肉や顎の骨が化膿したり破壊されたりする病気です。痛くないからと言って放置しておくと、歯を支えている顎の骨は、すっかりなくなり、歯そのものは健康でも抜け落ちてしまいます。

当院では衛生士を担当制とし、患者さん情報をスムーズに歯科医師に伝達できるように取り組んでおります。治療を有効的に行うためには患者さんご自身の自覚と協力が必要となり、継続的に治療に通うことが不可欠です。担当の衛生士、歯科医師と患者さんとの連携のもと、完全な口腔清掃を行うためのテクニックと習慣を身につけていきましょう。

歯周病の治療内容

当医院では以下の予防プログラムを積極的にすすめております。

ブラッシング(歯磨き)指導(TBI)

衛生士による歯磨き指導

自己流で磨いていては歯垢(細菌)は完全には落とせません。必ず歯科衛生士によるブラッシング指導を受け、磨き方のコツ・ポイントをマスターすることが大切です。

虫歯や歯周病は一度進行してしまった状態を全く元に戻すことは困難ですが、ブラッシングで進行を止め、予防することができます。正しいブラッシング方法を丁寧にご指導させていただきます。

PMTC

クリーニング

プロが特殊な器具を使い、歯の面に付くバイオフィルムをはがすのがPMTCです。PMTCとはプロフェッシナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略です。虫歯や歯周病はしっかり歯のクリーニングをする事で予防できます。

PMTCについて詳しく⇒ PMTCについて

歯石除去(SRP-スケーリング・ルートプレーニング-)

SRP

スケーリングは歯の歯石とりです。歯の表面にこびり付いた歯石は歯ブラシでは落ちません。歯石はプラーク(細菌のかたまり)の温床になります。歯石は表面が非常にざらざらしているので、プラークが付きやすくなります。これを年2回くらい除去する必要があります。

歯石除去について詳しく⇒ 歯石除去について

歯周外科

歯周外科

歯周病治療の基本治療である歯周外科治療は主に3つの方法があります。

  1. SRPで取れないような根面の汚れ・汚染を取る(アクセスフラップ)
  2. 歯ブラシをしやすくするために骨を平坦にする(削るor再生させる)
  3. 歯ブラシをしやすい環境に整える(FGG・CTG等の歯ぐき移植手術)

以上のような施術を1~2回行い、お口の環境を整えていきます。
どれを選択するかはお口の中の状況により変わります。

歯周外科治療が終わった後、歯の動揺がある場合は歯周補綴治療をして、メインテナンスに移行します。

咬み合わせが原因でも歯周病と同じ症状が出ます

歯科医師

咬合不良で歯が壊れてくる場合があります。
(歯が割れる、穴が空く、ヒビが入る、セメント質剥離など)

歯が壊れると、歯と骨をつなぎ止める歯周組織の一つであるセメント質が壊れてくることがあります。そこから骨吸収が起きることがあります(骨が下がる、歯ぐきが下がる現象)。

これはレントゲンでみると歯周病と全く同じ現象に見えます。この場合は、歯周病の基本治療をいくらしても、うまくいきません。診断としてそのあたりの見極めが非常に大事になります。

壊れた歯周組織に細菌が入れば、歯周病の症状である歯ぐき・骨の後退がより進むことになります。

セメント質の厚みは多くても0.3mmです。CTでもこの破壊による原因特定は困難です。マイクロスコープでかろうじて見つかるくらいのレベルです。

細菌が原因ではなく、咬合不良による歯の物理的な破壊で、歯がぐらついたり膿がでたり歯ぐきが下がるといった、歯周病と同じ症状が発生する場合もあるということです。

このことから歯周病治療は「力と炎症のコントロールである」と言われています
(力=咬合、炎症=細菌)。

歯周病(歯槽膿漏)治療・予防については、ご不明な点など、どのようなことでもかまいませんから、お気軽にご相談ください。

ご予約・お問い合わせ

042-752-6677平日 9-13時 / 14-18時(最終受付17時まで)
休診:土日祝
access map

〒252-0239
神奈川県相模原市中央区中央3-10-15(ローソン100隣り)

JR横浜線 相模原駅下車 バス10分 市民会館前下車 徒歩2分
駐車場13台分完備

樋口歯科医院